世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

MENU

あなたの留学を無駄にしないために、留学のその先を見据えて行動しよう

どうも!



就活が相変わらず難航しております。いったい俺はどこで間違ったのだろう...という思いを抱えながら日々頑張ってます笑



まぁ、どこで間違ったのだろうという問いに対する答えは明白で、その答えは「留学当初、まったく先を見据えてなかった」です。



先なんかまったく考えてませんでした。留学したら、卒業しさえすれば、英語力もあるし自分のキャリアに箔がつくから就活なんて簡単だろう、みたいに考えてました。アホですね笑



今回は、僕の留学の一番の敗因である「先を見据える」ということについて書きたいと思います。




就活で聞かれる


別に言われなくてもわかっている人も多いと思いますが、留学生は必ず「なんで留学したの?」と聞かれるわけです。その問いに対する答えがテキトーだと面接官に「あー、なんかこいつ、深く考えて物事決めてねぇな」とか思われます。僕自身、面接官に直接言われたことが「何を求めて留学したのか、その結果何を得たのかの答えが浅い」みたいなことを言われたことがあります。



まぁ、これってよく考えるとおかしいんですけどね。



だって、日本にいる学生は「なんでその大学にいったの?」とかきかれないわけですから。聞かれたとしても、その大学でなきゃいけない理由みたいなこと、答えられる人っているのかね... そもそも第一志望落ちてその大学いった人も多いわけだし。「これこれこういう勉強をしたくて、そのためにはこの大学のこの学部に行く必要があったからこの大学に行きました」みたいな人って、そんなに多いかな...って思います。だからか知らないですが、日本の大学生は別になぜその大学に行ったの?ってきかれないんですよね。



それが、留学生になると、なぜ留学したの? なんでその大学だったの?とか詳しく聞かれて、その答えが「いや、単にキャリアアップしたくて...」「英語が喋れるようになりたくて...」「アメリカにあこがれて...」とかだと、途端によく考えてない奴のレッテルを貼られます。



でもさぁ~...


ほとんどの留学生の場合、留学じゃなきゃいけなかった理由なんてないんですよ。



だって、日本で勉強できないことなんてなんかあります?



いや、例えば、ファッション関係の勉強をしたいって思った時に、日本で勉強するとしたら、だいたい短大か専門学校になってしまいますから、そこを気にして留学し、ファッションの学士を持った四大卒を目指す、っていう場合もありますよ。でもそれでも、就活で言ったら、別に留学じゃなくたってよかったんじゃないの?短大卒でもうちに受かった人なんて何人もいるよ?しかもうち英語いらないし...みたいなこと言われたらそれで終了です。



だいたいからして、本当に留学じゃなきゃいけない理由なんて、卒業そのものにブランドが認められる大学(アイビーリーグや、その分野の差先端の大学)くらいしかないわけですよ。だから、この質問は正直、まったくもってナンセンスですよねぇ。じゃぁお前はなんでその大学行ったか答えられんのかよ。



とはいうものの、就活で聞かれるのは事実。これがおかしいからといって文句を言ってるだけじゃ職なしで終わるので、そこは各自考えなければいけません。こういうことを聞かれるということは覚悟しておいてください。


どんな留学が成功と言えるか

僕が思う留学の成功とは、やっぱり「留学経験を自分のキャリアにつなげられること」だと思います。まぁ英語は各自好きなように頑張ってもらうとして、自分のキャリアにどうつなげるかというのは、必死に考えないといけません。



ていうか、偉そうなこといってますが、僕は思いっっっっっっきり失敗してますからねwww だからこれは、僕の今の課題でもあります。大学在学中は一生懸命頑張っていたつもりですし、英語も自分なりに満足いくレベルで身につけたのですが、自分は留学の後に何をしたいのか、そのためにどんな行動をするべきか、に目を向けていなったという意味では、高いお金を払ってモラトリアムを享受していただけ、と言えるでしょう。



留学の経験は、ちゃんと就活に活かせることができれば、その先のいろんな可能性が広がります。日本でも外資でも、自分の留学の経緯はともかくとして、何を考えて何をしたのか、結果何を得たのか、それがしっかり話せるようになっていれば、ぶっちゃけ英語がいまいちでもどこだって内定もらえるでしょう。留学行って化ける人とはそういう人です。バカで英語が話せなくて数学がアメリカ人レベルでも、それができていれば留学は上手くいきます。


まとめ


僕が最近思うことは、「そもそも、人生とは常に先の事を考えた戦いなんだ」ということです。こんなことに気づくのに、僕はたくさんの時間をかけ、たくさんの回り道をしました笑 あなたの留学した理由は、まず間違いなくたいしたものではないでしょうが、その先を考えてやっておくべきことをやった人が、留学をきっかけに大きく飛躍できると思います。


留学はあなたのゴールではありません。留学経験があなたの将来を保証してくれるわけでもありません。先を見据えましょう。