世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

アルバイトが禁止の留学中のお金の稼ぎ方とは?

どうも!

昨日妹が私の事をポンコツとか呼びながら母と話していた声で起きたたかひろです。ポンコツで悪かったな。

 

さて今日は、留学中のお金の稼ぎ方についてです。

 

知らない人も多いと思うのですが、我々留学生は、アメリカにおけるアルバイトは原則できません。なんと、法律で禁止されています。

 

しかし、高い学費もあり、家賃もあり、生活費も高い物価のおかげでかさむわけで、留学生は誰もが「月にあと数百ドル使えたらな…」とは誰もが思うわけです。

 

というわけで今日は、留学中のお金の問題について書いていきます。

 

法的にアルバイトはNG

アメリカで法的に労働が許される外国人は、就労ビザを持っている必要があるのですが、留学目的で行く場合、そのビザが取得できる可能性はほぼありません。留学生がアルバイトできるのは、所属しているキャンパス内のみ、というのが基本的なルールです。

 

…というルールは一応あるのですが、ぶっちゃけみんなそんなもんガン無視してバイトしますwww 

 

日本人なら日本食レストラン、中国人なら中華レストラン、トルコ人ならトルコレストランみたいな感じで、店のオーナーが同じ国出身のところで雇ってもらうケースが多いですね。いやぁ今考えてみると、ぶっちゃけどこもかしこも違法労働者ばかりですよw

 

なぜ法的に禁止されているのにできるかという理由は以下の2つ。

1. あんまバレない

2. もしバレても、雇った側が「いや、この子は単なる知り合いで、ちょっと忙しいから今手伝ってもらってるだけなんすよ〜」って言う

 

こんな感じです。ものは言いようですねw 

まぁほとんどの場合、あるお店を警察が恒常的にチェックしてるなんて事はないですし、ちゃんとした労働者として登録しない事で、お店側も余計な税金払わずに済むわけです。なので、お店側も労働者もどちらにもメリットがありますね。

 

しかぁし!!たとえそんな感じで雇われたとしても、バレた時のリスクが全くないわけではありません。バレる時はバレます。そして、バレてそれが違法だと認識された場合は強制送還ですね。

 

こんな話もありますから。

www.mariaabe.com

 

ちょっと怖いですね。まぁ要は、確かにバレる可能性はかなり低いけども、バレた時のリスクは割に合わない、ということです。日本で大きい麻をやるのと一緒ですね。

 

月4, 500ドルのためにそのリスクを背負うかどうか、一応考えてからやってくださいね笑 

 

ちなみにほとんどの日本人留学生はそこまでは考えてはやっていません。いやバレなくね?みたいな感じですw 

 

リスクの少ない方法

 基本的にどこかのお店に雇われちゃう形だと、リスクは少し心配です。

 

もっともリスクが少ない、っていうか合法な稼ぎ方は自分が所属している大学のキャンパス内でのアルバイトです。コレは100%合法です。

 

どういう仕事があるかというと、例えば図書館のスタッフとか、カフェとかSubwayの店員とか、クラスルームの清掃スタッフとかです。これらの場所では普通にバイトできるので、ウェブサイトなどを常にチェックして空きがあったら応募するといいでしょう。まぁでも、ある程度英語力がついてからになるとは思いますが。

 

そしてその次に安全なのが、個人的に何かをしてあげて謝礼をもらうパターンです。

 

例えば僕は、同じ学校の中国人が日本語を教えて欲しいというので、何人かにしばらく教えていました。これで月400ドルくらい、謝礼という形でもらっていました。

 

あとは、とある日本人の方達(留学生じゃなくて仕事で来た人)で英語があまりできない人達がいたので、その方達に通訳として同行しました。これで謝礼は300ドルくらいで、ご飯代などは出してもらっていました。結構美味しい仕事でした笑

 

こんな感じで、個人的に契約して頼まれた事をしてあげて、謝礼をもらうというのは、まぁ違法でもなんでもないのでオススメです。難点は、そんなにたくさんそういう人達は見つからない、という事くらいでしょうか。なので稼げたとしても月300-400ドルが限界ですね。

 

最強の方法

僕が考える留学中に稼ぐ最強の方法は、ネットを使って安定的な収入を得る方法です。コレはもうもはやバイトでもなんでもなく、ちょっとしたネットビジネスですね。

 

知っておられる方もたくさんいると思いますが、大きく言うとアフィリエイト一種ですです。

 

アフィリエイトというのは、自分でブログやwebサイトなどを運営し、訪問者の方々が広告をクリックして商品を買うと(またはクリックしただけで)、自分に紹介料としてある程度のリターンが来るという仕組みです。

 

アフィリエイトの利点は、一度収入を得始めたら、どんどん利益が増えてくること(ある一定のところで頭打ちになるが)と、長く続けているとそれが半不労収入化することでしょう。ひと月に30時間くらいの作業で5~60万稼ぐ人もざらです。逆に欠点は、その仕組みは一朝一夕では作れず、少なくとも半年~一年は継続して仕組みづくりをやらないと全く利益は出ません。無収入状態でしばらく過ごすことになります。ここであきらめる人が九割くらいらしいですね。

 

実は僕も留学中にやっていたわけではないのですが、今となっては、どうして留学中に始めなかったんだと自分を叱りたいくらいに思っています笑/span> パソコン一つあれば場所を問わずできますし、留学中ならバイトというリスクを冒さずに、しかもバイトよりもずっと稼げるわけですから。ちゃんとやればですが。

 

私はまだまだど素人なので、ポイントサイトを使った手法から始めました。ポイントサイトとは、以下のようなサイトたちの事です。

 

1.ポイントタウン

www.pointtown.com

 

2. ちょびリッチ

http://www.chobirich.com/introduce/?3140927

 

3. モッピー

お小遣いサイトはモッピー!貯めたポイントを現金やEdyやWebMoneyと交換できるよ♪ | モッピー

 

4.げん玉

http://www.gendama.jp/invite/?frid=6425483&ref=90000-url

 

僕が今現在使っているのはこの四つですが、まだまだたくさんポイントサイトはあります。超優良なものから詐欺サイトまでたくさんw ていうか、ぶっちゃけポイントサイトって利用してみるまでは本当にすべて詐欺まがいのサイトにしか見えませんがw ただ、上の四つは信頼していいでしょう。ネットでの口コミもおおむね良いです。

 

時間があったら、上のURLから各サイトにアクセスして、どんなサイトなのかっていうのを見てみてください。んで、気に入ったら会員登録でもしちゃってください笑 次回の記事で、留学中のこのサイトの有効活用の方法を書いていきます。今回の記事では長くなりすぎるし、もう眠いので寝ますw 

 

まとめ

 以上、留学中のお金の稼ぎ方でした。一番いいのはアフィリエイトだとは思いますが、かかってしまう時間のことを考えて敷居が高いと感じる人もいると思うので、自分の留学中の生活にあった、そして一番稼げるものを選びましょう笑