世界一無駄な留学

プロフィール作成しました。詳しいプロフィールは上↑をクリックしてください。

MENU

英語が話せないまま帰国しちゃった人達へ送る、巻き返し英語勉強法

f:id:longhardroadout:20170802025512j:plain

どうも!


昨日も僕の職場のお店に外国人のお客様がいらっしゃって僕が対応し、羨望の眼差しで見られていたたかひろです笑 英語喋れるって、なんだかんだいって便利で良いなって思います。


さて、最近職場に新しい人がやってきました。もともと営業成績がめちゃくちゃよくて、僕のいる部署に応援として駆けつけてくれた人です。


なんとその人も留学経験者でした。ニュージーランドに一年ほどいたそうです。



僕もこの人みたいに、英語もできて仕事もできる人になろう!と思っていたのもつかの間、その人が英語話しているところを聞いたところ、僕は正直、



「こりゃダメだw」


と思ってしまいました。


正直、一年だったらもっとうまくてもいいのにな...と思ってしまったレベルです。


でもまぁ、こんな人って多いですよね。結構長い期間留学行っていたのに、あんまりうまくないね...って言われちゃう人たちって。


今日はそんな人たちへ送る処方箋「英語が話せないまま帰国しちゃった人たちへ送る、巻き返し英語勉強法」です。


ある程度の期間英語圏へ留学へいって、そこで不自由なく生活できるくらいまでにはなった。一般的な日本人よりも英語は聞けるし話せる。だけど、たまにガチで英語話せる人を見ると、「もっとちゃんとやればよかったな...」とコンプレックスを感じてしまう...そんな人たちへ送る、帰国後の巻き返し英語勉強法です。


あなたの英語レベルは、間違いなく日本人の平均を上回っているでしょう。でも、あなたの英語レベルは正直「微妙」です。


せっかくそこまでのレベルになったのなら、そのもうワンランク上へ行って、だれにも文句言わせないレベルにしたいじゃないですか。今ここでやめてしまうと、正直せっかくの留学経験が十分な評価をされないものになってしまいます。


そんなの嫌ですよね。だから、今からもう少し我慢して、ガチ勢の仲間入りをしちゃいましょう!

ガチ勢の英語を肌で感じる

f:id:longhardroadout:20170802030404j:plain

あなたは留学へ行き、それなりに英語を勉強してきたでしょう。自分なりに悩み、試行錯誤し、努力したでしょう。


あなたの今の英語力はその賜物ですが、やはりガチ勢には何歩か及びません。


こちらをご覧ください。


matome.naver.jp


この人は非帰国子女でありながら、独自の勉強法でIELTS8.5を獲得しました(9.0点満点)。これは、英語非ネイティヴの中では最上位にランクされます。

帰国子女のIELTSの平均点は調べても出てこなかったのですが、まぁ帰国子女の9割はこんな点数取れないでしょう。ちなみに僕はIELTS受けたことないですが、英語力としてはこの動画の人と同レベルくらいだと思っています。(嘘です。ぶっちゃけこの人よりちょっと上手いと思ってますw)


彼は国内で、独自の勉強法でこのレベルに達しました。どれくらいの期間でこのレベルになったかは明記されてはいないですが、重要なのは、彼の英語に対するコミットメントの高さです。


独り言を言う、文法に関してはSelf-correctionを徹底するなど、なかなかにストイックです。


これが、英語ガチ勢の習慣なのです。

自分で勉強しましたか?

f:id:longhardroadout:20170802030931j:plain

僕の英語って、周りからははかなり上手くきこえているらしいです。


しかし、僕は英語系の専門学校に2年、アメリカには3年行っていました。この経歴をみんな知っているので、みんな僕がただ単に環境的に恵まれていただけで、大した努力をせずに英語を身につけたと思っているようです。


上に書いたニュージーランドへ留学行っていた方は僕に対して


「やっぱアメリカは本場だから違うな〜、俺ニュージーランドだったんで」


みたいなこと言ってました。


大間違いです。僕は自分の時間を使い努力しました。


ここがガチ勢とそうでない人達との違いだと思います。


友達と会話するだけで満足せずに、自分一人の時間を使い音読やシャドーイングを淡々とやったことはありますか?


自分の時間を使って、上の動画の人みたいに英語で独り言を言って一人で検証した事はありますか?


英語が微妙なまま帰国してしまった人にとっては今後、「自分一人で勉強できる時間を作るかどうか」がカギだと思います。


こんな調査があります。

バイオリン専攻の学生を三つのグループに分けた。第一のグループは、将来世界的なソリストになれるほどの実力を持つ学生たち。第二のグループは、「すぐれている」という評価にとどまる学生たち。第三のグループは、演奏者にはなれず、バイオリン教師を目指す学生たち。そして、全員に時間の使い方について同じ質問をした。

その結果、グループごとに驚くべき違いがあることが判明した。三つのグループが音楽関連の活動にかける時間は同じで、週に50時間以上だった。課題の練習にかける時間もほぼ同じだった。だが、上位の二つのグループは、音楽関連の時間の大半を個人練習にあてていた。具体的には、一週間に23.4時間、一日当たり3.5時間。それに対して、第三のグループが個人練習にあてる時間は一週間に9.3時間、一日あたり1.3時間だけだった。第一のグループの学生たちは、個人練習をもっとも重要な活動と評価していた。

2013年 講談社 スーザン・ケイン/古草秀子 訳 「内向型人間の時代」102Pより引用

これによると、いくらかける時間は同じでも、以下に個人での練習に時間を割いたかが、バイオリニストとしての将来を分けるようです。

バイオリンに限らず、英語でも、というか、物事の上達全般において、同じことが言えると思います。

以下に個人での英語の練習に時間を割くか。これが、あなたの英語の今後を決めるのかなと思います。

実践!やり直し英語勉強

もしあなたが「留学したのに自分の英語は…」と思っているとしても、今からまた勉強を再開すればいいだけの話です。


何事も再開というのは非常にダルいものですが留学時代に基礎は出来ていると思いますので、思い立ったときにやってしまいましょう。


僕が推奨する方法としては、

  • 一人での勉強時間を設けて、会話表現のインプット作業をする
  • できれば英会話学校に行く


です。ってか、英会話ってほぼこれに尽きるんですが笑

一人でのインプット作業

先ほどまでで、英語においても、一人での練習がいかに大切かをお分かりいただけたかと思います。

その一人でのインプット作業にやることとして、おすすめなものを挙げていきます。

一日10分!超音読レッスン

まず一人での作業として、比較的敷居が低いのが音読だと思います。


英文の音読を気が向いた日に30分程やりましょう。


音読のオススメ教材としましては、「一日10分!超音読レッスン」シリーズがいいと思います!


実際にアメリカの偉人たちが言ったフレーズをコンパクトに詰め込んでいてボリューム的にもこなしやすいので、挫折する前に終わらせる事が出来ると思います!このシリーズは6~7冊ほど出ていますが、自分の好きなものを一冊選んでそれをやりこんでいただければ結構です。



また、音読の際には、自分の英語を録音して聞き返しましょう。何を上達するのにも、録音、録画は1番ためになります。何かにちゃんと上達したという自負がある人で、これをやっていない人はいないでしょう。


毎日じゃなくても良いんです。僕だって、週のほとんどはサボってましたから笑 気が向いた時にだけ集中してやり、とにかく続けるんです。


継続のコツない、継続こそがコツだ、ってよく言うじゃないですか。僕の場合は、毎日気を張ってやるなんて到底無理な根性なしなので、週2回くらいしかやってませんでしたけど、この勉強を1年半は続けました。どんな形でも継続さえすれば良いんです。

スタディサプリ English 日常会話コース

f:id:longhardroadout:20180331015933p:plain

一人での英会話表現、シャドーイング等々インプット用教材として、もはやこれ一つですべて事足りるのではないか、というほどのクオリティを誇るのが、こちらのスタディサプリ English 日常会話コースです。

現在大人気なのでもはや説明不要かもしれませんが、一応説明を。

スタディサプリEnglishとはリクルートが運営するオンライン英語学習サービスです。App storeの教育部門ランキングで1位(2018年3月現在)の、大人気英会話アプリです。使用者は平均2.8ヶ月で、効果が実感できるのだとか。

めちゃくちゃおススメなんですが、ちょっと説明が長くなってしまいそうなので、くわしくはこちらの記事をお読みください。

www.longhardroadout.com

まとめ

英語が話せないまま帰国しちゃった人たちへ

  • ガチ勢の英語コミットメントを認識する
  • 一人での勉強時間を増やしていく
  • できれば録音して、自分の英語を振り返る


これが、あなたがコンプレックス組からガチ勢へいくステップです。あなたの留学経験が正当に評価されるように、もう少しだけ頑張ってみましょう。