世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

MENU

TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion1~3編~

f:id:longhardroadout:20171117233059j:plain

どうも!

 

 
最近ブログの更新が滞りまくっており、全然コンテンツが充実して行かない当ブログですが、それでも呼んでくれている人に本当に感謝の一言です。ありがとう!

 

 

さて今回は、「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion1~3編~」です。

 

 

前回の記事「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングの心得編~」では、TOEFLのスピーキングは実はかなり定型化しているので対策しやすいという事、ただの穴埋め練習である事、しかしフィードバックはちゃんと受けた方がいいという事などを書きました。

 
 
www.longhardroadout.com


 

今回は、具体的にどんな問題が出て、どう答えるべきか、どう練習していくべきかを問題別に書いてみました。

 

 

自分で言うのも何なんですが、結構面白いと思います笑 少なくとも、僕が留学前にTOEFLの練習をしていた時に色々と調べていて、僕がこれから書く内容の事を知った時は正直、お先真っ暗なスピーキングセクション対策に一気に希望の光が見えてきた、みたいな感覚でしたから。

 

 
この記事をキッカケに、TOEFLのスピーキングで難しすぎる... と悩んでいる人達が、少なくとも何をすればいいかということをわかってくれれば、と思います。

 
 

 


Question1 &2

 
www.youtube.com

 

前回の記事でもちらっと書いたのですが、Question1とQuestion2はどういう問題かというと、「何か一つを選び、それを選んだのは何故かを答える」問題です。

 
 

例えば、Question1では「What do you consider the most important characteristic in a teacher? Use specific reasons and examples to support your answer.」のような問題、Question2では「Do you agree or disagree with the folowing sstatement? - Having money and power is the best way to measure success. Use specific reasons and examples to support your answer.」のような問題が出ます。

 

 

少しタイプは違いますが、どちらも何か1つを選び、それに対する理由を2つほど答えられれば、確実に及第点はいくでしょう。

 

 
上のNotefullの動画では、テンプレートとして,


「In my view... for two reasons」「First, ...For example」「Second, ...For instance」「Thaat's why... 」



を使う事を推奨しています。あなたが実戦でやるべきことは、このテンプレートの穴埋め作業です。

 
 
テンプレートに関しては、丸パクリで構わないです。ライブでのアーティストみたいにカッコつけてアレンジとか入れなくて良いです。そっくりそのまま覚えて使っちゃってください。ていうか、コレ以外に何話すのって感じですし。

 


さて、Notefullの先生は、これをもとに問題を解いてくれています。問題は「What do you consider the most important characteristic in a teacher? Use specific reasons and examples to support your answer.」です。

 

A : Knowledge

R1 : Learn more

R2: ↑Fun

 

上のように、まず問題が流れた時に、講師の方はピックアップするもの1つと、それに対する理由を2つ書き出しているのが、お分り頂けるでしょうか。15秒のPreparation Timeでこれをやっていただければいいわけです。



この部分は確かに即興でやらなければいけないので、ここは数をこなしていくしかありません。
 

 

そして解答がこんな感じ。太文字が、テンプレート以外の部分、つまり、本番であなたが穴埋めしなければいけない部分です。

 

In my view, knowledge is the most important characteristic in a teacher for two reasons.


First, you learn more. For example, when I was in university in NY, I had a professor in chemistry class, and he knew his subject very well. His lecture was really good because he provided a lot of details.


Second, it's more fun. For instance, when I was in a history class in high school, I had a professor who really knew a lot about World War II. So
every time she talked about it, her examples were so good, I just enjoyed it very much
.


That's why knowledge is important.

 

 
コレで終わりです。どうでしょうか。闇雲に勉強して臨むよりも、何が出るのが、そして何ができるようになればいいかが明確になってきてはいませんか?笑 

 


まぁさすがに何が出るかまでは分からないので、穴埋め部分が即興で出来る練習はしなければならないのですが、逆に言えば、それが出来るようになれば良いだけ、と言えます。

 

 
さぁあとは、穴埋め練習頑張りましょう!!

 

Question3

 
www.youtube.com


Q3は、まず文章を読み、そのあとに二人の学生の会話を聞き、読んで聞いたことに関する問いに答える問題です。

 

こう書くと、いつもいきなり出てきたトピックに対してその場でいきなり対処しなければいけないみたいに聞こえますが、大丈夫です。TOEFLはそこまで難しいテストではありません笑

 


TOEFLはかなり定型化しているテストです。ここでも大枠は決まっていて、Q3のトピックは必ず、「学校に起きる変化」です。

 
 

例えば、学費が上がるとか、クラスがキャンセルになる、とかですね。上の問題では、幼児教育プログラムの廃止、といった感じです。注意してほしいのが、リーディングパートは45秒後に消えてしまい、もう出てこないので、必要な情報は必ずメモっておいてください。

 


そしてリスニングパートですが、出てくるのは2人の生徒です。言うことはかならず決まっていて、片方が必ずその変化に対して「賛成or反対」をしています。

 


そして、問題は必ず決まっていて、「学生が賛成or反対のどちらか、そしてその理由」です。

 
 

というわけで、あなたがリーディングパートとリスニングパートで汲み取れば良い情報は、「どんな変化が起きるか」「その変化に対して、生徒は反対か、賛成か」、そして「その理由」、というわけです。


 

Q3〜Q6は、だいたいどんな内容がどんな順番で話されるか、そしてどの情報を集めればいいのかという予備知識があるだけで、圧倒的にやりやすくなりますので、最低限ここだけは押さえておいてくださいね。

 

 
さて、Notefullでは、Q3で使うべきテンプレートとして、



「The reading states that... 」、「The man(or woman)'s opinion is that... 」、「He provides two reasons, First .... Second ...」、「That's why...」



を推奨しています。ここでも、アレンジは加えず丸パクリしちゃってください。

 


というわけで、問題を解いてみましょうか。

 

 
まず読むときは、「学校にどんな変化が起こるのか。聞くときは「生徒は反対か賛成か、そしてその理由」に集中して聞いて下さいね。Q3は3分5秒から始まります。

 
 
www.youtube.com


 

さて、どうでしょうか。

 


まずは、着目すべき3点。ちゃんとキャッチできましたか?


 

学校に起きる変化: Child Tutoring program is ending due to fewer children tutors participation and cutting the cost

生徒: It's wrong.

理由: Reduction of the number of people participating is university's fault, Loss of the opportunity to know how great teaching children is.

 


こんな感じですね。ここが一番難しいですが、まぁここは練習です笑

 
 

この情報をもとに、テンプレートを使って解答を作成すると、こんな感じ。

 

The reading states that the university has decided to end child tutoring program due to fewer children tutors participation and cutting the cost.


The woman's opinion is that it is wrong.


She provides two reasons. First, it is simply the university's fault because they made it difficult for children and students to participate by moving the space for the program into town which is crowded and far from the campus. Second, it would have the bad effect on students because they would miss the opportunity to know how great teaching experience is. That's why she thinks ending the program is wrong.

 

 

どうでしょうか。こんな感じで解答すれば、満点近くは貰えるのではないかと思います。

 

 
もちろんコレは僕が今時間無制限の中で考えた模範解答なので、即興でこれだけできるかといったら、僕もできないですし皆さんもできないと思います。

 


ただ意識して欲しいのは、Q3以降の問題はやる事が明確だということです。何が話されるかも、何を読んで何を聞けばいいかも、何を話せばいいかも問題が始まる前に決まっています。問題ごとに違うのは、マイナーチェンジレベルの話です。

 

 
英語の日常会話とかと違い、いきなり出てくるトピックに即興で対応するものではないということを覚えておいてください。

 

まとめ

 

「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion1~3編~」
 

  • TOEFLスピーキングは定型化しているため、話すことは問題前から決まっている。いきなり出てくるトピックに臨機応変に対処する問題ではない。
  • リーディングパートもリスニングパートも、把握すればいいポイントは決まっている。
  • テンプレートは丸パクリで


こんな感じです。このように、何が出るのか、何をやればいいのかを事前に把握し、テンプレートを習得すれば、試験に向けて何をすればいいのか明確になるのではないでしょうか。



次回はQuestion4~6編です!基本的に内容そんなに変わらないと思いますが、解答例や解答にたどり着くまでの流れは参考になると思うので、ぜひ続けて読んでください!



次の記事はこちらです!


www.longhardroadout.com