世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

MENU

TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion4編~

 
f:id:longhardroadout:20171122025431j:plain

どうも!

 


最近ブログへの向き合い方を改めて考え直しているたかひろです。今までダラダラやりすぎました、反省です。もっと面白い内容がポンポン書けたらなぁ…とか思います。

 


さて今回は、「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion4編~」です!

 


前回の記事「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion1~3編~」では、TOEFL iBTスピーキングセクションのQuestion1〜Question3までをやりました。基本的には、この定型化されているテストで毎回どんな内容が出るか、どんなテンプレートを使えばいいかという内容です。

 

 
www.longhardroadout.com


 


今回も同じ流れで、Question4を見ていきます。

 

Question4


www.youtube.com

 
Question4も、Question3と同様、リーディングとリスニングをして、それに関する問いに答える問題です。

 

 

勘のいい人はもう気づいているかもしれませんが、ここでも僕が毎回言っているように、ランダムなトピックに即興で対応する、という問題ではなく、大まかなトピックの候補、そして話の流れは決まっていて、なおかつあなたが話す事の大枠(テンプレート)も決まっているので、あなたがやるべきことはただの穴埋めです(まぁその穴埋めが難しいのですが)。

 

 

Question4のトピックは必ず、何かしらのアカデミックレクチャーです。上のNotefullの動画では、Camouflage(カモフラージュ)を例として取り上げています。

 

 

リーディングではまずそのトピックの定義、そしてリスニングではそのトピックを説明する2分間のレクチャーが流れます。毎回こうなります。

 

 

そして問いは必ず、レクチャーで出た例を用いて、タイトルのコンセプトを説明せよ、みたいな感じになります。毎回こうです。

 

 

というわけで、あなたがリーディングとリスニングで汲み取るべき情報は、トピック、トピックの定義、例、となります。

 


そしてNotefullはテンプレートとして、

 

 
「The article is about… which the passage defines as …  」、「the professor provides the example of ... to illustrates this」、「He/She states that...」、「And so, this example clearly illustrates that ...」 

 

 

を使う事を推奨しているので、何も考えず丸パクリしちゃってください。

 

 

さて、バァーッと前回と同じ流れで説明しちゃったので、ひとまず問題をやってみましょう。問題は7分14秒から始まります。

 
 
www.youtube.com


 

さて、汲み取るべき情報を拾えたでしょうか。

 

 

Title : Sampling Error

 
Definition : Analyzing a small part of a group "sample", to reach a conclusion about the larger group as whole.
 



こんな感じです。うーん、ちょっと難しかったかも。



この問題、タイトルはSampling Errorでしたけど、リーディングで取り扱ってる定義は”Sample"です。問題の構成としては、まずリーディングでは「統計学に"Sample"という概念があるよ」と言っています。



そしてリスニングで、「だけどそれって何らかのerrorが起こるときがあるよ、どんな時に起こるか説明するね!」と言っています。リスニングはリーディングで紹介されてるコンセプトの発展的な内容になっているので、少し難しかったかも。



そして、テンプレートを使って解答を作成すると、以下のようになります。

 

解答例

 

The article is about Sample, which the passage defines as collecting a portion of a large group to make a conclusion about the whole group.


The professor provides the example of Sampling Error to illustrates how some kinds of errors happen when scientists conduct a research using sample. She states that a group of scientists tried to count the number of large fish, medium fish , and small fish by collecting a sample, but they failed because they couldn't catch small fish.


And so, this example clearly illustrates how sampling error happens. 


 

背景知識も活きてくる

f:id:longhardroadout:20171123024037j:plain

 
さてQuestion4に関しては言っておきたいこととして、Q1〜Q3までと違い、背景知識も多分に活きてくる、ということです。

 


例えば、僕が上で解答例を作成したこの問題。実は統計学の初歩でやる内容です。経済学をやっていた僕にとっては、めちゃくちゃ読みやすく、そして聴きやすい内容でした。

 


「Sample Error」に関する問題だったわけですが、もし全く周辺知識のない人が「Sample Error」という熟語を見ても、ほぼ何も思いつかないはずです。せいぜいなんらかのサンプルのなんらかのエラーなんだな、みたいなぼやっとした程度のものでしょう。

 

 
僕は正直、もともと「Sample Error」がどういうものかを知っていた状態で読んで聞いてをしていたので、「あーはいはい、あれね」みたいな感じで聞けました。

 
 

TOEFL iBTでは、テスト全てを通して、学校でやるようなトピックに関しての予備知識はあって損はありません。読みやすさ、聞きやすさ、話やすさ、書きやすさ、全てが段違いに楽に感じられます。


 

その周辺知識の習得にいいのが、やはり「話題別英単語 リンガメタリカ」です。

 

 リンガメタリカ

 


改めて思いますけど、「リンガメタリカ」は本当にいいですね。長い、興味ない分野はつまらない以外は、欠点はないです笑 TOEFL試験前に、一冊きちっと終わらせちゃってもいいかもしれません。サブ的な使い方をする参考書でこれほど使えるものは他にありません

 
 

まとめ


TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion4編~
 

  • Question1~3と同様ワンパターン
  • Question4に関しては、背景知識が有効

こんな感じです。以前もお伝えした通り、スピーキングセクションはTOEFL iBTです。頑張って練習していきましょう。



続いての記事はこちら!!


www.longhardroadout.com