世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

MENU

TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion6編~

f:id:longhardroadout:20171123024037j:plain

どうも!



会社を辞めるとまだ言い出せていないたかひろです。いい加減にしないと次の会社の内定取り消されるのでヤヴァイです。なので、明日、会社辞めてきます!




さて、もーちょい続くTOEFL編、今回は、「TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion6編~」です。




前回までと同じ流れで、今回はTOEFL iBTのスピーキングQuestion6を解説していきます。定型化しているとは言え問題ごとに当然形式は違うので、違う部分とテンプレートは抑えてください。特にQusetion6は、今までより柔軟性が試されるので、侮らないように



前回の記事はこちら


www.longhardroadout.com


Question6

www.youtube.com


Question6は、2分間のレクチャーを聞いて、質問に答える問題です。




基本的にTOEFL iBTは定型化しているので全ての問題が型にはまっているのですが、その中でもQuestion6は1番キャッチするべき情報量多いので、難易度はちょい高め、かもしれません。




レクチャーはやはり、構造や流れは決まっていて、かなり分かりやすいプレゼンテーションになっています。



構造はこんな感じ。


Topic

Definition0

Subtopic1

Definition1

Example1

Subtopic2

Definition2

Example2

 

まぁ、ここは定型化していますね。とてもスムーズで、綺麗な流れです。どんだけこのプレゼン慣れてんだよ、って感じで淀みなく話します。

 


質問は例によって、毎回同じです。「レクチャーで出た例を用いて、レクチャーの内容を説明せよ」となります。

 


汲み取るべき情報としては、Topic、Definition、Subtopic1、Definition1、Example1、Subtopic2、Definition2、Example2、となります。最後の問題にしていままでより少し多い情報量をキャッチしなければならないので難易度少し高いですね、やっぱり。




注意して欲しいのは、この問題は要するに2分のプレゼンを1分に要約しろ、ということなので、話された内容をあれもこれもと詰め込んではいられない、という事です。ここら辺は即興力が試されますが、要約するために重要な情報を厳選しなければいけません。

 


そしてNotefullはテンプートとして、「The professor discusses that ... which he/she defines as... 」、「He/She describes two kinds」、「First...」、「The professor provides an example of ... to illustrate this」、「Second,....」、「「The professor provides an example of ... to illustrate this」、「and that's how professor describes...」 を推奨しています。

 

重要な情報を厳選するべきだと言いましたが、このテンプレートに合うように、受け取った情報をはめ込んでいけば基本的にはOKです。


 

六問目なので余計なことは省いて駆け足で解説しました。問題行っちゃいましょう!問題は14分28秒から始まります。


www.youtube.com



さて、汲み取るべき情報はキャッチできたでしょうか?

 
Topic : Mother animals enhanced mental abilities compared to non-mother animals

Definition0 : Scientists found out mother animals have enhanced mental ability compared to non-mother animals

Subtopic1 : The experiment using rats

Definition1 : Timing mother rats and non-mother rats in finding food and going back to the starting point

Example1 : Mother rats were faster in finding food and remembering the way back to the starting point than no-mothers

Subtopic2 : This applies to other animals

Definition2 : This applies to other mother animals and non-mother animals

Example2 : Mother have enhanced mental abilities since they are responsible for their young




こんな感じですかね。気を付けてほしいのが、必ずしもNotefullのいう通りの構造にはなっていないということ。



大まかな構造は当然一緒なのですが、必ずしもDefinition→Exampleと厳格に従ってるわけではなく、今回の問題のように後半はただの説明になっているパターンもあるのです。



なのでテンプレートの一部が使えないなんてことも出てきます。スピーキングセクションの中で、最も柔軟性が試される問題ともいえるでしょう。



とりあえずテンプレート通りに解答を作成してみました。



The professor discusses that mother animals have enhanced mental abilities using the example of an experiment done by some scientists.


He describes how and why mother animals have enhanced mental abilities compared to non-mother animals.


First, he states mother rats have enhanced mental abilities. The professor provides an example of an experiment on rats to illustrate this.


Second, the professor states this usually applies to other animals. He says they are eager to survive since they are responsible for their young.

That's how the professor describes the fact that mother animals have enhanced mental abilities compared to non-mothers.




こんな感じです。テンプレートに若干修正を加えましたが、これなら及第点かなぁと。



Question6ではこのように、完全にテンプレート通りにいかず、臨機応変に対処する場面があるかもしれないことを覚えておいてください。



やっぱり背景知識

f:id:longhardroadout:20171125015753j:plain

Question6でも、スピーキングQuestion4やリーディング、リスニングなどのように、背景知識がものをいう場合は多いでしょう。



問題のタイプとしてはスピーキングQuestion4に酷似しているので、背景知識を普段から入れておいて、それがあたったらかなりフィーバーすることが予想されます。



もう何回も当ブログで紹介していますが、背景知識用の参考書は、「リンガメタリカ」ですね。








これ一冊は、本当にやって損にはならないです。留学してからも役に立ちます。大学受験生や留学を控えている学生用の参考書の決定版です。TOEFL用の参考書としては、もうこれと予想問題しか紹介できないです笑 




単純に読んでいても楽しいと思うので、ぜひお試しください。



まとめ

TOEFL iBTが難しすぎる!と感じている人達へ送る、スコアを上げるコツ~スピーキングQuestion6編~


  • 定型化はしているが、一番聞き取る情報量が多く難易度高め
  • Notefullのテンプレートにアレンジを加えなければいけないことも
  • 背景知識はやっぱり役に立つ


こんな感じです。長かったスピーキング編もようやく終幕です。



以前も言いましたが、スピーキングセクションは穴場です。実は一番対策しやすく得点も上げやすいので、TOEFL iBTで65点を目指すのであれば一番先に対策しちゃっていいところだと思います。そのための参考に、当ブログに書いてあるTOEFL iBT用のスピーキングの心得を使ってみてください。



まぁ、ほぼNotefullのパクリですけどねwww