世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした筆者が、留学の本質について考察

MENU

留学したが英語や勉強が不安… という人へ送る、英語や勉強よりも大事なマインドの話

f:id:longhardroadout:20171208011014j:plain

どうも!

 


さて今回は、「留学したが英語や勉強が不安… という人へ送る、英語や勉強よりも大事なマインドの話」です。

 


なんとなく今まで濁してましたが、まぁはっきり言います。僕的には、留学中の授業、課題、簡単でした。余裕でした。イージーでした。

 


自慢みたいで申し訳ないです。ただ、このことに関して、自分偉いとか凄いとか全く思ってないですし、この事が後に何かしらのアドバンテージになったとか一切ないです。むしろ、このせいで人生路頭に迷っちゃってる感もあります笑




勉強苦労しなかったんですけど、留学における決定的な何かが足りなかったのですが、そのことに気づいたのは結構後でした。

 

今回の記事は、なぜ簡単だったのか、僕が当時どう感じていたか、そしてその後どうなったかという、比較的どうでもいい記事ではありますが、僕が今勉強で不安を抱えている方へ伝えたい内容でもあります。もしかしたら留学生活、そしてその後の将来のヒントになる記述もあるかもしれないので、興味のある方はお付き合い下さいませ。



 

僕の専門学校時代

f:id:longhardroadout:20171208011202j:plain

僕は、浪人して入った大学を辞めて、とある英語系の専門学校に行きました。理由は学歴ロンダリングをしたかったからです

 

大学時代は、不本意な大学に入ってしまい、そこでの勉強が苦でしかありませんでした。なんかこう、ここで頑張って何かしら残しても、この枠から出られない、みたいな感覚があったんですよね。愚かでした笑

 

なんやかんやあって大学を辞めて、英語系、そして留学斡旋をしている専門学校へ入ることに決めました。留学先として、アメリカやカナダの四年制大学と数多く提携している学校で、学歴ロンダリングをしたい僕にとってはぴったりだなと感じました。

 

そしてその専門学校時代は、英語や、海外大学でやる一般教養の授業をとっていました。真面目だったわけではないのですがそれなりに成績が良かったです。塾講師のアルバイトも週5〜6でやっていて、月20万くらい稼いでいました。専門学校で彼女もできました。可愛かったです笑

 


とにかく、ものすごい充実してたんですよね。なんかこう、これから留学へ行くために備えなければ、という目的意識があったので、勉強も充実したし、英語も授業に加えて独学で色々やっていたし。塾講師のバイトも好きだったし環境も良かったので、働くことも苦にならなかったですし。おまけに彼女もいたし。めちゃくちゃ楽しかったです。なんか、このまま人生進んでいくのかなぁ〜なんてゆるく構えてました。

 


そして2年後に留学しました。彼女としばらく遠距離になるということで死ぬほど辛かったですが、自分のために留学成功させてやる!!という、それなりに強い意志を持って満を持して留学しました。

 

僕の留学時代

f:id:longhardroadout:20170630172349j:plain

以前書いた通り、彼女と遠距離になったことによって、最初の2週間はガチ鬱でした。が、不思議なものでだんだんとその状態に順応して行き、アメリカの環境にも順応して行き、アメリカでの大学生活がスタートしました。

 

最初は導入のクラスばっかりなので、簡単でした。英語は所々理解できない部分はありましたが、分からなかった部分はググれば一発だったので苦労しなかったです。

 

二学期目も、前のクラスの内容覚えていたし、英語にも慣れてきたこともあり、簡単でした



三学期目は完全に英語にも慣れ、発言もネイティブのようにとは行きませんが、考えればできるようになり、内容は相変わらずだったので簡単でした。

 

… この辺で気づきました。「アレ、なんかアメリカの大学の勉強、大したことなくね?」って。



授業に出てるから、ちゃんと授業を聞く。アメリカ人まじめに話聴いてるっぽいのに理解してなさそうでバカだな〜とか思う。教授は当然英語を話すので、同時に英語も勉強できる!と思い集中して話を聞く。後で英語を復習できるように、気になったフレーズはメモしておく。どうせちゃんと聞くのであればクラスでドヤ顔したいので、帰宅してから10分くらい復習する。

 


やっていた事といえばこれくらいですが、これだけで成績はAを連発していました。手前味噌で恐縮です。

 

留学してから一年半くらいで、あ、なんか簡単だわって思っちゃったんですよね。もちろん、専門学校時代もこの感覚はあったのですが、英語がまだ不安定だったのと、留学したらもっと過酷になる、という緊張感があったので、目的を見失わず勉強し続けることができました。

 


しかし、留学中にこの「簡単だわ」って感覚を抱き始めてから、僕は完全に目標を見失いました。いつの間にかに学歴ロンダリングをするっていう目標を達成してしまったという事に気付いたんですよね。

 


そこからは、もう海外製ニートまっしぐらでした。学校はとりあえず行ってましたが、傲慢ながらもちゃんと勉強する価値ないな、とか思っていたので遅刻とか当たり前でしたし、お酒飲んでからいくとかしょっちゅうやってました笑

 


そんな生活でしたが、唯一留学終了後の目標がありました。それは、就職決まったら、ずっと付き合っていた彼女と一緒に暮らす事でした。

 


仕事とかなんでもいい。ただ彼女と暮らせてそこそこ給料もらって、たまに海外旅行して英語喋れればそれでいいみたいな、激甘な将来的設計でしたね。坂口杏里並みです笑

 

そしてそれは脆くも崩れ去りました。彼女を大切にしなかったせいで、彼女は他の男に心変わりをし、僕は捨てられました。

 

そして目標が完全になくなり、留学をしていながらニート生活に突入しましたwww

 

学生だからニートではないんですけど、心は完全にニートでした。最後の方の学期は授業数も少なく、週二回学校行けばいい感じでしたし、その週二回もサボってたりしました。

 


人見知り+生来のニート気質から、課外活動もしておらず、学校いく、知ってるやつと話す、ジム行く、酒飲む、みたいな毎日でした。

 

ここで衝撃の事実なんですけど、僕、実は卒業してませんwww 目標無くなって、意味を見出せなくなって頑張れなくなり、うつ気分のを引きずって帰ってきちゃいました。

 


まぁこんなんじゃ就職うまく行くわけもなく、「とりあえず職!」って感じで唯一受かった会社へ行きました。なんのために留学したのやら。

 

僕の留学が簡単だった理由

f:id:longhardroadout:20170920163748j:plain

なんかこの記事では、今まで曖昧にして、言い切らずにいた事言っちゃってますね。

 

というわけで、僕の留学が簡単だった理由もぶっちゃけます。それは、僕が勉強できるやつだったから、ですね、うん。再び、手前味噌な話で恐縮です。

 

1人では勉強できないくせに、仕方なく勉強せざるを得ないところに行くとなんかできちゃうんですよ。言語が英語に変わっても、それは同じでした。

 

成績は基本的には、やる気がない時以外は全てAまたはA-くらいでした。特にめちゃくちゃ努力してるという感覚もなかったのですが、取れてました。

 

何でできたのかとか、コツはとか聞かれても、分からないです。まぁ唯一やっている事としては、良い成績取りたい授業の間は、プロフェッサーの話を一言一句聞き漏らさない、くらいです。

 


上でもちらっと言いましたが、専門学校時代は、その後に留学を控えているためモチベーションを失わずに済みました。しかし、留学後は、そうも行きませんでした。

 

留学後のビジョンの欠落

f:id:longhardroadout:20170930022450j:plain

留学中、勉強に苦労しなかったにも関わらず、その後自分の生活でいろんなものが崩壊していきました。



僕が失敗した理由としては、いろんな要素があると思いますが、一番大きなものはやはり「留学後のビジョンの欠落」だと思います。

 

将来やりたい事のためとか全く関係なく、留学する事自体が目標になってしまっていた。いざ留学生活や勉強が問題なく過ごせるとわかると、もう目標なくなっちゃうわけです。そして次の目標を設定しないまま、とりあえず職とばかりに就職しました。そして今、特に好きでもない、給料がめっちゃ安い仕事をしています。毎日が辛いです。アホですねぇ。


留学して何をしたいのか

f:id:longhardroadout:20170920163848j:plain
 
あなたが今留学を控えている人なのか、留学中なのかはわかりませんが、このページに来たということは勉強に関する悩みがあることと思います。




何とかなるだろ!って思っていたら思っていたより難しかった、そもそも英語もおぼつかない... とかね。




その解決策を探してこのブログに来てくれたのだと思いますが、「さっさと勉強法教えろよ!」という声をガン無視して自分の主張を述べたいと思います笑 なぜなら、タイトルにある通り、このことは「英語や勉強よりも大事」だからです。



まぁただ、やはりあなた方の苦悩も深刻だと思うので、英語や勉強の問題に関しては、当ブログのほかの記事を参考にしてみてください。例えば、この辺の記事とか。


www.longhardroadout.com



覚えておいてほしいのが、英語に苦労しなくても、勉強に苦労しなくても、留学うまくいくこととは別問題なんですよ
 

 

英語よりも、勉強よりも大事なこと。それは、あなたは留学をして何をしたいのか、ということです。




自分の理想の将来像を考え、そこから逆算し今の留学という決断に至っているとか、留学の延長上に自分の行くべき道を見出しているかどうか。



たとえ英語や勉強の事で不安に駆られていたとしても、そこさえあれば留学うまくいく、とさえ思います。
 

 

そこが、留学中苦しいときに自分を踏ん張らせてくれます。僕みたいに、プライベートで何か起こっても、留学後のビジョンがあなたの軸にあるわけですから、少し落ち込んでも迷走することはないでしょう。
 

 

逆にそこがブレブレだと、英語や勉強ができる能力など、無用の長物です。ただの、無駄に勉強できるやつなだけです。



英語や勉強が不安で、今すぐ解決したい気持ちも分かりますし、そうすべきですが、そもそもの根本を折に触れて考える時間は定期的に取りましょう。


まとめ

 

留学したが英語や勉強が不安… という人へ送る、英語や勉強よりも大事なマインドの話
 

 
→ 「留学後のビジョン」を持つほうが大事!!



こんな感じです。このことは、今後当ブログで折に触れて主張したいと思っているほど重要なマインドだと僕は思ってます。もちろん、あなたが抱えている苦悩も分かるつもりなので、当ブログのほかの記事を参考にしてみてください。