世界一無駄な留学

金も時間も無駄にした著者が、人生の敗者復活を目論む

MENU

日本に居ながら、帰国子女を上回る英語力を身につける方法とは?

f:id:longhardroadout:20180529144446j:plain

留学、とくに語学留学など無駄だと言う人の意見の中で多いのが、「英語を学ぶだけなら日本で出来る」というものだ。


語学留学は語学留学で利点もあるので全否定はしない(むしろ筆者は語学留学肯定派だ)。しかし、日本にいながら十分な英語力を身につけるのも、今の時代、難しくは無くなった。工夫とあなたのコミットメント次第ではあるが、「日本にいながら、帰国子女を超える英語力」も、十分に可能だ


今回は、「日本に居ながら、帰国子女を上回る英語力を身につける方法とは?」と題して、どうすれば英語力で留学生に勝てるレベルまで行けるか、その方法を述べていきたい。


留学生の英語力ってどれくらい?

実際に留学へ行くと、どれくらいの英語力が身につくものなのだろうか、と気になっている人も多いだろう。


留学にも種類がある。そして、留学生の英語力も、千差万別である。留学中に英語をとくに意識的に注力した人は高い英語力を持っている。


反対に、結構積極的に課外活動なども行なっていて、現地の大学での成績も優秀なのに、英語は「なんだこれ」というレベルの人もいる。


なぜこのような違いが出るのかというのは、以前記事にした事があるのでそちらを読んでもらえればわかるだろう。

www.longhardroadout.com


英語圏へ留学すれば、生活は全て英語だ。英語で様々なシチュエーションを英語で体験することにより、状況と英語がマッチするので英語力は当然伸びやすい。もし英語圏の大学へ留学しているという状況であれば、学んでいる分野の専門用語なども普通に使ってコミュニケーションを取らざるを得ないような状況になる。そりゃあ英語力伸びるよ、と感じる。


しかし、ほとんどの留学生の英語レベルは、あなたが予想しているような、萎縮してしまうレベルではない。


英語力が伸びない理由はいろいろあるが、


  • 英語を極力使わない生活は、しようと思えば出来る(たとえ現地の大学へ通っていても)
  • 留学生に優しい現地の人間も多いので、テキトーな事を言っても受け入れられやすい
  • 留学は、互角の壁さえ突破すれば、日本でやることとあまり変わらない(特にアメリカはバカでも行ける)

という事に起因する。要するに、ある一定の英語力さえ突破すれば、それ以上英語力を向上させなくてもなんとかなってしまうのだ。


この事を感覚的に分かった人達は、英語力の向上がストップする。留学当初思い描いていた「ネイティブの様に話せるようになる」という目標など忘れ、”言いたい事が伝わるのが本当の英語力”とかのたまうようになる。まぁ確かに、伝わる事を最優先する考え方は重要だ。文法、発音などを気にしてなかなか発言できないというのが一番まずい。


ただ、(完ぺきはムリだし目指す必要はないが)綺麗な発音、正しい文法で話せると、話し手のブランドイメージが向上するという効果はあるだろう。ネイティブも、そういう非ネイティブ相手に、割と対等に話すような感覚を持つようになるものだ。しかし、ほとんどの留学生は、このレベルまで行かない。行く必要がないからだ


筆者が実際に留学に行っての感覚だと、こんな人間が8割くらいである。


後は、

  • もともと海外暮らしが長い人(バイリンガール的な奴ら)

  • 英語が好きで独自に勉強し、ネイティブと聞き間違う異次元レベルになる奴ら

が、それぞれ1割ずついるという感じだ。


さて、この記事における”留学生に勝つ英語力”とは、この8割の人間を上回る英語力、と定義したい。

海外経験がないのに凄い英語力を誇る人たち

海外経験がないのに、凄い英語力を誇る人たちがいる。ブログやYouTubeなどで情報発信している人も多いし、筆者も個人的にあった事もある。

例えばこの人。左の男性は日本人で、留学経験が一度もないという。


筆者も留学中に今まで留学経験が一度もなく、英語力を自国で極限まで上げた状態で留学に来た人に会った事がある。ちょうど、上の動画の男性のような状態になって初めて留学をしたとのことだった。その人にあった時は、頭をぶん殴られたような衝撃だった。そして、自分の怠惰さを思い知った。努力と工夫次第で、本来はここまで行けたんだ、と。


この記事を読んでいる人達で、本当は英語をちゃんとやりたかった、留学をしたかった… という人もいるだろう。なんとなく、留学生や帰国子女に引け目を感じていたりはしないだろうか。


だが、そんな必要はない。国内にいながら、留学生に勝る英語力を身につけることは可能なのだ。努力をして、成長を辞めたバカどもに目にものを見せてやれば良いのだ。

具体的な方法

さてここからは、具体的な方法論を述べて行く。

流れとしては、

文法を抑える

アウトプットを意識したインプット

アウトプット

という流れで進めて行く。

抑えるべき文法を抑える

成長を止める人達の一つの特徴として、文法への意識が弱い、というのが挙げられる。これは、文法を軽視した英語を話しても受け入れられてしまっている事に無意識に味を占めている状態だと思われる。

確かに、文法を意識し過ぎる事はあまり良くない。意識し過ぎて何も言えないというのが、会話習得において最も”悪”だからだ。

しかし、文法を軽視した状態でそのままいるのも考えものだ。なぜなら、洗練された英語という印象を与えないからだ。

この辺のことは、詳しくはこちらの記事にも書いてある。

www.longhardroadout.com


というわけで、文法習得、特に、話すための文法習得に関して書いていきたい。

おすすめは、以下の三著だ。

1. Next Stage

ネクステは、言わずと知れた大学受験参考書だ。もちろん大学受験を意識した作りになっているわけだが、知識整理、網羅性、適度な難易度... という部分ではこれに敵う参考書はない。やるべき部分をすべてやれば、英会話だけでなくTOEIC対策にも容易につなげられる良著だ。


確かに話す上では、無駄な項目も含まれている。筆者が思う無駄だと思う項目は48、49、52、59、65、68、83、84、88、94、98、103、112、113、123、132、133、185、187、195、196、197、198、199、200、232、306、315、316、317、354、355、356、373、411,417、468、478、483、485、490、492、512、514、513、539、540、557、576、577、597、602、625、629、635、640、663、679、687、689、694、696、697、713、714、715、716、728、731、732だ。参考にしてほしい。


しかし、このNext Stageは、知識を網羅的に整理しさらに高いレベルにもっていくのにはすぐれてはいるが、解説が少々心もとない...という人もいる。英文法に関して知識が曖昧な分野が多い人は、解説を読み解くの苦労する、なんてことになると、時間の浪費につながってしまう。


そこで、解説用にお勧めしたいのがこれだ。

2. 総合英語Evergreen


言わずと知れた良著「Forest」を覚えている人も多いだろう。高校時代に英文法の参考書として使っていた人も多いはず。名前は変わってはいるが、これは実質最新版のForestだ。

特徴としては、とにかく詳しい、細かい、故にわかりやすい、という部分だ。Amazonのレビューも3.8と、英文法の参考書にしては高い。何かわからない文法事項に出会った時、こちらを辞書代わりに使うのがいいだろう。個人的には、これを一から最後までやっていけばいいと思ってるくらいだ。



会話表現の”アウトプットを意識した”インプット

さて、留学生を越えるのにもう一つ必要なのが”アウトプットを意識したインプット”だ。


インプット→アウトプットというのは、語学学習の原則のようなものだ。インプットばかりの学習は限界がある。


なので、適度にアウトプットをしていかなければ行けないわけだが、


アウトプットをする機会が限られている人も多いだろうと思う。また、性格的にアウトプットする際、自信がなくて物怖じしてしまうなんて人もいるだろう


そんな時にオススメなのが、アウトプットを意識したインプットである。その名の通り、インプットをする際に、シチュエーションを思い描きながら声に出す、のような練習法だ。


このアウトプットを意識したインプットが、どうやら効果があるらしいというのは、こちらで話している。第二言語習得論の書籍を参考にした裏付けを紹介しているので、読んでみてほしい。

www.longhardroadout.com


効果としては、

  • 本格的なアウトプットに移行する前の準備としての効果
  • 数少ないアウトプット体験を補完する


というものが挙げられる。


個人的に、日本に居ながら、帰国子女を上回る英語力を身につけるためには、このプロセスが一番重要だと考える。今までいろんな人を見てきたが、英語が異次元レベルまでいっちゃうやつらは、これをやっている。個人的には、この段階があるかないかが、8割か1割を分ける、と思っている。ここのクオリティを最大限に高めることで、軽々と留学生を超える英語力を身に着けられる。


先ほど、国内で英語力を最大限に高めてから留学に来たという人物のことをちらっと話したが、この独学の段階のクオリティが高かった


海外経験がなくとも異次元レベルの英語を身につける連中というのは、このプロセスを丁寧に行なっている。例外は今まで見たことがない。


この独学、アウトプットを意識したインプットというプロセスを、自分の時間を使ってやれば、あなたの英語力は加速的に上がる。


逆にやらなければ、「国内で英語を身につけたっぽい人」の英語力で終わる。

英会話の独学、ということになるわけだが、独学の大切さを述べた記事もあるので、参考にしてほしい。


www.longhardroadout.com


さて、アウトプットを意識したインプットで何をするか。


オススメなのは、スタディサプリEnglishだ。

f:id:longhardroadout:20180401201753p:plain


もうもはや紹介不要の人気アプリである。Appstoreの教育部門で、2018年5月現在も1位を守り続けている。


筆者も個人的に利用している。いい部分はいろいろとあるのだが、最も良い部分は「独学の時に面倒で飛ばしてしまいがちな、ディクテーションとシャドーイングへの行動障壁が低い」ところだろう。


特にシャドーイングは、”アウトプットを意識したインプット”としてとてもすぐれた練習法だ。普段自分で勉強しているときには面倒でなかなかやらないシャドーイングなどの行動障壁を下げることにより、英語学習の一番面倒な部分を継続できるところがありがたい。有料(月額980円)ではあるが、その価値はあるだろう。


こちらのスタディサプリEnglishについては、筆者が実際に使ってみてのレビューを以下の記事にまとめているので、参考にしてほしい。

www.longhardroadout.com

楽しみながら英語表現をインプットするという目的で、映画等を見ながら俳優が言ったフレーズをシャドーイングするという手法もある。しかし、メモするのが面倒だったり、メモに気を取られて映画を純粋に楽しめなかったりするときもある。その点、こういった学習アプリは、映画を使った学習法よりも”行動障壁が低い=実行に移しやすい”ので便利だったりする。気分に応じて使い分けるのがいいだろう。


以下のリンクから、スタディサプリEnglishの概要がのぞけるので、興味がある人はチェックしてみるといいだろう。

スタディサプリEnglish 日常会話コースを見てみる

アウトプット+復習

さて、最後に、実際のアウトプットである。流石にこのプロセスは必要不可欠だ。

しかし、ただアウトプットするだけでは、バカな留学生相手でも、勝つことは難しい。なぜなら、アウトプット体験の絶対量は、留学している人間にさすがに敵わないからだ。

では、どうするか。数少ないアウトプット体験から得られる効果を最大化する勉強法を提案したい

小難しいことを言ったが、やることは単純だ。自分の英語の発話を録音し、のちに復習すれば良いのである。

実際にアウトプットできる場でアウトプットをし、のちに自分の話し方や発音などを振り返ることが出来るよう録音をしておく。そして、しっかり時間を設けて復習をしてから次のアウトプットに臨む。このように、一回一回のアウトプットでPDCAを回していくような練習法を提案したい。


ストイックなように見えるかもしれない。しかし、このように練習した方が、留学へ行って英語を勉強するより圧倒的に時間を短縮できる。一回一回のアウトプットの質が高くなるからだ。


さて、実際にアウトプットをする場として、やはり英会話学校がいいだろう。


英会話学校としておススメなのは、English Village
だ。


このEnglish Villageのポイントは、”安価”で”マンツーマンレッスン”を受けられるところだ。マンツーマンでの1レッスン2,100円という、大手英会話学校と比べて約1/4の授業料というのは破格だ。

というのも、このEnglish Village、テレビCMなどの広告を打っていない。広告費で経費を使わない分、安価なサービスが提供できるというわけだ。講師が全員4大卒と、講師の質も保証されているので安心できる。


こういった安価なところで気兼ねなくアウトプット体験ができるのはいいことだ。授業料が高いと気負いしてしまうが、English Villageは安価なのでよりリラックスして取り組めるといえるだろう。もちろん、このアウトプット体験を最大化するかしないかはあなた次第だ。これは、どんな英会話学校に行っても同じである。こういったところで、どんどん質の高いアウトプット体験を積んでいければと思う。


録音して復習するのを忘れないように!


English Villageの無料体験↓



まとめ

「日本に居ながら、帰国子女を上回る英語力を身につける方法とは?」

  • 英語力の成長がストップする留学生が8割、そいつらに勝て!
  • 文法への意識が弱いと英語力の向上はストップする
  • ”アウトプットを意識したインプット”で、少ないアウトプット量を補え!
  • アウトプットの質を高めるために録音して復習せよ